実はハイオクも安い?クルマを持つ人たちにかかる税金について

若者のクルマ離れが進んでいる

こんなテンプレートのような言葉を近頃よく耳にするのではないでしょうか?

なぜそうなるのか調べてみましたが、結局のところ買いたいと思える車が少なくなった。シンプルにこれだろうなと思いました。

しかし、調べているうちに非常に納得のいかない面白いことを見つけてしまいました...

 

なぜそんなに取れる?燃料にかかる暴力的な税金制度

まず、購入時に納める自動車取得税、購入時と継続車検時に納める自動車重量税、燃料価格に含まれるガソリン税軽油取引税/石油税は、すべて道路の建設や整備に使う「道路特定財源」として設定されてました。

自動車ユーザーは道路の恩恵を多く受けるから、道路関連の費用も負担すべきという「受益者負担の原則」に基づいた考えですね。

ところが、道路特定財源制度は2009年に廃止され、すでに課税する根拠を失っています。

にも関わらず今でも徴税が続き、一般財源として幅広い用途に使われている。←ココ注目!

つまり、今までは道路と付くからには道路に関わる公共事業に投資するという縛りがあったわけですが、今となっては極端な話この税収で老人ホーム作ることだってあり得るのです。

つまり自動車ユーザーは、理由もないのに多額の税金を納めているわけです。

国による搾取で、違法性が伴うといっても大げさではないと思います。

 従って“元・道路特定財源”の自動車取得税自動車重量税ガソリン税軽油取引税/石油税は、即座に廃止もしくは減税されて然るべきだと思います。

税率50%超え!?ガソリン税の仕組み

これらの税金のうち、わかりにくいのがガソリン税を始めとする燃料に含まれる税金です。

ガソリンには1L当たりガソリン税が53.8円、石油税が2.8円加算され、この2つの税金とガソリン本体価格に、10%の消費税を課しています。

今ので気付いた方もいるかもしれませんが、税金に消費税を課してますので二重課税になりますね。

レギュラーガソリン1Lの価格は、2018年10月上旬時点で155円に高騰しましたがガソリン本体の価格はわずか86.92円。この金額にガソリン税:53.8円、石油税:2.8円、消費税:11.48円が上乗せされ、合計155円になる。つまりガソリン価格の内、44%は税金です。

f:id:izumichou4734:20200222215122j:image

ガソリン価格が下がるとさらにその比率は増え、仮にガソリン価格が130円になると、税金は66.23円で、ガソリン価格に占める割合は50%を超える。

ディーゼル車が使う軽油の価格は、今は1L当たり134円。ガソリンと同様に計算すると、軽油本体の価格は91.55円になります。この金額に軽油取引税:32.1円、石油税:2.8円、消費税:7.55円が加わり合計134円になる。軽油価格に占める税金の割合は32%です。

現時点でレギュラーガソリンの本体価格は86.92円だから、軽油の91.55円よりも安い。一般的にガソリンは価格が高く、軽油は安いとされるが、これはガソリン税軽油取引税よりも高いことに基づく。本体価格は逆転してレギュラーガソリンが安い。

私たちが一般的に高いと思っているハイオク燃料もこうして見てみると税金がたくさん乗せられた結果なのです。

車を所有して乗るだけであれこれ税金をつけられる現状では、経済的に余裕のなければ車を持つことができず、ますます車離れが加速します。車離れを問題視するのであればまずはこのような高負荷な税制を改善するべきではないでしょうか。

こんな本には注意!投資の本の選び方〜リッチなGT-Rオーナーになるための道

皆さんは投資の本を読んだことはありますか?

ここに来た方は恐らくGT-Rが好きな人が多いと思います。

GT-Rは買うお金も維持費も非常にかかる車です。

そんなGT-Rを給与所得400万程度のサラリーマンが所有しながら人並みの生活を送るためには投資などをして本業とは別で所得を得られるような仕組みを作ることが必要です。

最近では老後資金2,000万円は必要というニュースがあったりして度々この投資という言葉を見聞きする方は多いかと思います。

少額投資非課税制度(NISA)も追い風になり、投資をする人は増加してきています。

誰もが最初は初心者で、セミナーを聴いてみたり本を読んで投資とはどのようなものか、どうやったら得をするかを学んでいくかと思います。

ところが、自分も実際にいろいろな本を読み進めて気がつくのですが本棚に並んでいる投資の本と言われているものは、投資のプロが書いた参考になる本もタレントが見よう見まねでやってみたという体験記が同じような値段で同じ棚に並べられてます。

以下、私が読んで感じた参考になるものとそうでないものの見分け方です。

良いもの

総資産〜万円!や1万円から1,000万円へなど自分の実績を謳っているもの。

 

ダメなもの

タレントの〜が投資に挑戦

美人過ぎる投資家が教える〜

投資の〜学校代表

 

トレーダーとしてのレベルや運用規模などは様々だがなぜ一流のトレーダーと同じ棚でタレントの二足のわらじでやっているような人の本を出せるのか、

それは、投資自体が正解のないジャンルだからです。

投資というジャンルは、これと言った正解のないジャンルでそれぞれ違うアプローチで違う成功を収めることのできるものだから1つのジャンルに対して様々な人が本を書けます

それだけに本を買う時点で良いものとそうでないものを見極める必要性が出てきます。

上でも紹介した良い方の本は実際に自分で成果を出してきた人が書いている本なので書いている内容も非常に実践的で参考になることが多いですが、ダメなものは内容にも偏見が多く、(風評被害が怖いだとかの理由で食品系を全て避けるみたいなことを平気で書いているものもあり)ある意味作者の見解を聞いてみたくなる内容の本が多く、たいがいが投資以外のジャンルで元々有名な人がその知名度を利用して本の売上が大事な人たちです。しっかり見極めてそういうところにお金を落とさないようにしましょう。

本の中身よりどんな人が作ったか

一般的な小説であれば、まずは本を読んで中身に心を動かされたら買うということが当たり前ですが投資については、上でも紹介したように投資家としてどのレベルの人が書いたかが大事です。

数多くの本を読んで知識を新しくし続けることで多作者たちの考え方に共通点を見つける。

そして多くの一流の人たちの勝ちパターンを実践して素晴らしいオーナーライフを手に入れましょう!

スカイラインGT-Rの自動車税&重量税はいくら?

第二世代のスカイラインGT-Rの排気量を調べて、維持費のうちの税金部分、自動車税自動車重量税の金額を令和元年度の税制で計算してみました。

スカイラインGT-Rの排気量は2568ccの1種類で、1年あたりの自動車税が5.86万円、自動車重量税が2.52万円で合計8.38万円でした。

スカイラインGT-Rの自動車税
自動車税の金額は排気量ごとに決まっています。

スカイラインGT-Rの排気量は2568ccで初年度登録から13年以上経過して旧車割増が適用され、その場合の自動車税の金額は5.86万円になります。

自動車重量税の計算方法
自動車の税金は自動車税以外に自動車重量税もあります。

自動車重量税は車両重量ごとに決まっていて、0.5トンごとに4,100円ずつ増えていきます。

ただし、2019年4月30日までにエコカー減税対象車を新車登録した場合は0.5トンごとの税額が2,500円になります。

スカイラインGT-Rの自動車重量税
スカイラインGT-Rの車両重量はR32の一部を除いて1.5t超2t未満に該当し、エコカー減税対象車ではないので、車両重量税の金額は1年あたり1.64万円になります。

f:id:izumichou4734:20200107191444j:image

自動車税、重量税ともにエコカー減税適用の車と比べるとはるかに高いのがGT-R。この税率の高さが度々取り上げられますが今のところ何も進展はありません。

この車に乗るということは、綺麗事抜きにお金を稼ぐことを宿命付けられます。ムダをなくして貯蓄を作るだけでなく作った資産を増やしていく行動が大事です。

ごくごく平均的なサラリーマンの年収でこのお金のかかる車を維持して行く方法をFPの目線から開拓していきたいと思います。

 

 

なぜR33にだけ"C"が入るのか?BCNR33のCについて調べてみた

  

発売から長い年月を経過した今もなお高い人気を誇る日産 スカイラインGT-Rシリーズ。

R32~R34まであるが型番で見ると、BNR32BCNR33BNR34と、R33モデルのみ「BNR」に「C」が含まれています。この違いは何なのか個人的に気になったので調べてみました。

R33GT-Rとは

1993年8月の第30回東京モーターショーでプロトタイプが発表され、1995年に発売された、平成の「二代目GT-R」となります。新車発表はカスタムカーのイベントである第13回東京オートサロンだったとのこと。

オートサロンでも新車発表されることがあるんですね。

このR33からドイツのニュルブルクリンクでテスト・開発が行われ、プロトタイプモデルが7分59秒というラップを記録。先代BNR32より21秒のタイム短縮は「マイナス21秒のロマン」というキャッチコピーにも使われました。

エンジンは先代同様名機RB26DETTを搭載。ECUは8ビットから16ビットに進化しました。過給圧は0.75kg/cm²から約0.84kg/cm²へ上昇させ、280PS/37.5kgf·mを発揮しています。とはいえ実際にはマフラーなどで自主規制値に無理やり抑え込んでいるため、ライトチューンでも400馬力を突破してしまうようなエンジンでした。

足廻りにはブレンボ製ブレーキキャリパーを全車標準装備。車体は、R32よりも大型化され、全長で130mm、ホイールベースで105mm拡大。ボディ剛性も強化されています。

"C"の意味が入る理由

R32GT-Rの弱点を修正し、正常進化させたモデルがこのR33GT-Rというわけです。ではR32R34の「BNR」と、R33の「BCNR」は、何が違うのでしょうか?

HICAS(High Capacity Actively Controlled Suspension)は、日産自動車が開発した電子制御四輪操舵機構です。30km/h以上で走行中に車速および車両横Gに応じて後輪を前輪と同位相(左コーナーであれば後輪も左方向に動く)にステアさせることで、スタビリティを向上させるシステムで、1985年、R31型スカイラインに初搭載されました。

その後熟成が進み、R32GT-Rには後輪を同位相に操舵する直前、一瞬だけ逆位相に動かして回頭性を向上させるスーパーHICASへと進化。

そしてR33GT-Rでは、これまで油圧で操作していたシステムを、簡素化と応答性向上のためにモーターを使った電動アクチュエータへの変更がなされました。これは、前述のスーパーHICASと区別するため「電動スーパーHICAS」と呼ばれ、R34GT-Rまで採用されました。

スカイラインのR33シリーズにはGT-R以外のスポーツモデルが無く、4駆モデル(GTS-4)にはHICASが採用されていません。そのため、日産肝入りの技術であるスーパーHICASを意味する「C」を型式に入れて、「BCNR」としたという説が有力です。

B…RB26DETTエンジン搭載の記号
C…HICAS搭載の記号
N…4WD(ATESSA E-TS)車の記号
R…R32~34を意味する

こうしたことから、R33GT-Rは「BCNR33」となっているようです。

ところが、R34では「BNR34」とまたCが抜けています。これについては、HICAS技術が定着したということ、またサーキットやスポーツ走行でのネガも指摘されるようになり「ハイキャスキャンセラー」等が登場するようになっていたため、ことさらHICASをアピールする必要はない…。という判断からBNRに戻した、と言われています。

では日産こだわりのHICAS技術=四輪操舵はロストテクノロジーになってしまったのでしょうか?

ちなみに現行のR35GT-Rでは、スーパーHICASが採用されていません。より自然な操舵を狙ったため、といえるかもしれません。ではこのHICASの技術は絶滅してしまったのか?

今後の活躍

「4輪アクティブステア(4WAS)」と名称を変えて、フーガに採用されています。HICAS時代よりも熟成が進んでいるとされ、より自然な操舵感が実現されているようです。

R31型スカイランの登場以降、4輪操舵(4WS)技術は、日産を始め、トヨタマツダ、ホンダなど、国産のほぼすべてのメーカーで採用するほど、流行しました。しかし、同位相、逆位相のコントロールや切り替えが難しく、これを採用する車種は、徐々に減っていきました。現在では、日産のみが開発を続けているといえます。

もしかしたら、今後開発される新型「GT-R」には、HICASの子孫である「アクティブステア」の採用があるかもしれませんね。

年収400万円代でGT-Rを購入できますか?~維持メンテナンスについて

今回は購入後の維持メンテナンスについて自身の経験を踏まえてご紹介します。

私はこの車を購入してもうすぐ5年になります。

その間いろんなところで故障したら修理してを繰り返しました。

自分でできる簡単なメンテナンスから専門の整備屋さんにお願いするレベルのことまでたくさんありましたが言えることは、やっぱり自分でできるところとそうでないところの線引きをはっきりする。これに尽きるのかなと思います。

2018年は不調箇所が一気に出てきた年でもあり、自分でもこの車が嫌いになりそうな時期もありました笑

当然ながらスカイラインGTRはお金のかかる車です

そんな車を並のサラリーマン以下の給料で維持するには工夫と我慢が無ければ難しいです。

私はネット通販などを駆使して部品などを仕入れていました。

下にあるのが今までやってきたメンテナンスの記録です。1年以上経って改めて見ると恥ずかしい内容の数々ですが大事な記録です。ただやっぱりスカイラインGTRは普通の車ではないのである程度お金が貯まったらプロの整備士さんにお願いしてまとまった整備が必要だと思います。

 

バッテリー交換

https://izumicentral.hatenablog.com/entry/2018/03/11/012700

恥ずかしながら最初この車のバッテリー位置がわからなかった笑

 

トランスファーオイル交換

https://izumicentral.hatenablog.com/entry/2018/03/13/132903

トランスファーの役割を未だによくわかりません

 

ミッションオイル交換

https://izumicentral.hatenablog.com/entry/2018/03/18/224740

ブレーキフルード交換

https://izumicentral.hatenablog.com/entry/2018/07/28/175537

エアクリーナー交換

https://izumicentral.hatenablog.com/entry/2018/12/18/011958

今考えるとこのタイミングで純正エアクリーナーに変えておけば良かった。機能性など考えると値段も思った以上に高かったかな。

 

この後車検に合わせて大規模な整備を行ったのですが、改めてプロの仕事の凄さを実感するとともにこの車は金がかかる車だと再認識。お金を稼ぐためにはお金に詳しくならなければいけないと痛感しFPの資格を取ったのでした。

 

つづく

 

年収400万円代でGT-Rを購入できますか?~購入とその後の税金について

年収400万円代でもスカイラインGT-Rの購入について、 前回は購入時の頭金について月々の支払に落とし込んでご紹介してみました。

今回は購入方法について自身の経験も交えてご紹介します。

購入費用を抑えるには

車体の購入はディーラーの中古車屋、中古車専門店、チューニングショップであらかじめ出来上がった車を購入するなどいろいろあります。

私は知り合いの中古車屋さんから業販オークションで仕入れてもらった車を購入しました。

業販オークションとは

通常の車屋さんで購入するのと違い、中古車販売業者間で行われているオークションから直接購入することです。通常の中古車販売より手数料などの分がいくらか安くなっているのでとにかく安く仕入れたければこの方法がおすすめです。

ただ、実物を見られないので担当者との信頼関係が大切だと思います。

幸い私の場合は知り合いにその手の取引に詳しい方がいたので幸運にも今の車に出会えました。

スカイラインGT-Rは、当時でも既に価格上昇し始めていて、ランクの高い車は予算内では買うことができず、事故車で出品されていた今の車を購入しました。

f:id:izumichou4734:20191105215909j:image

結局買って3年経った頃にボンネットから異音が鳴り始めて昨年、今年と購入時とほぼ同じ金額を車の整備に費やすことになるのですが・・・最終的にこの年式の車だと販売店で売られてる状態が良いと言われてる車を買っても私みたいに事故車を購入してその整備や修理代を支払っても最終的な金額は変わらないのかなと思いました。

個人的には、やったかどうかわからない整備履歴を信じて高いお金を支払うより自分で確かに整備した履歴がしっかりとわかるので、今思えば私的には業販オークションで購入して正解でした。

割と融通の効く自動車税

スカイラインGT-Rを維持していくことの本当に大変なところは購入後のメンテナンスです。自動車税は56,800円、12ヵ月で積み立てていっても5,000円弱。ローンがあればその分毎月積立てられる金額を圧迫しますのでなかなか難しいです。そこで私がよくやっていたのが夏のボーナス払いです。

納税通知が5月の上旬に来て支払期日が5月末なのにどうやってそんなに待てるんだ。とか、延滞金が気になる方もいると思います。しかし、管轄している自治体にもよりますが、私自身このやり方で延滞金を請求されたことがありません。

この仕組みについては過去の記事でも紹介してますが延滞金が100円を超えないと実際に発生しないため7月の中旬に支払っても延滞金を取られないのです。ただ、今後制度が変わったら何とも言えないので参加までにご紹介します。

今回は購入から毎年の税金についてご紹介しました。次回は、整備•修理についてご紹介します。

年収400万円代でGT-Rを購入できますか?~購入時の頭金について

スポーツカーの中でもトップクラスの人気を誇る「日産スカイライン GT‐R」。

現在の市販車じゃ考えられないほどのポテンシャルをもつ最強エンジンRB26DETTの力強さ、アテーサET-Sの4WD機構がもたらす強力なトラクション性能で多くのファンを獲得してきました。

近年アメリカへの輸出規制の緩和対象に入る年式の車も出てきてますます注目が集まってきている車です。

車体価格が新車時の倍以上になる個体も出てき始め1000万円以上の車も珍しくない、富裕層にしか手を出せないと諦めている方もいるのではないでしょうか。

確かに私がGT-Rを購入した5年前に比べるとより車体価格も上がり高嶺の花になってきた印象はあるが、マネープランをしっかり立てることができれば、その高嶺の花に手が届く可能性も十分考えられます。

自身の経験を交えて「スカイラインGT-R」を購入する際の注意点をご紹介します。

今回は、私自身も結構周りの人から聞かれる購入時の頭金についてご紹介していきたいと思います。

収支の管理

 

年収400万円ボーナス年2回の人月々の収支モデルケース

月の給与が約26万×12=312万円、ボーナスが夏・冬44万円ずつだとして44万円×2=88万円 合計400万円

そのうち社会保険などが控除され手取り額20万円としたら

そこから住居費7万円駐車場1万円食費など5万円残りは7万円

病気などもしもの出費のことを考えるとローン返済は3万円以内に抑えて残りは貯金に回したいですね。

ローン組むなら5年くらいで返せる金額で

 

多くのオートローンが10年間借りられるものがほとんどですが、年式を考えると買ってから5年以内に不具合が発生する可能性が高いのでローンも5年くらいの期間で組むことをおすすめします。

個人的には利率2.4~3.4%で借りられる静岡銀行のオートローンをおすすめします。5年上記利率で月々3万円に抑えられる具体的な金額で言うと150~170万円になります。

まとめ

 

そうなると第2世代のスカイラインGT-Rで一番相場がリーズナブルな33で約300万円前後、最終型の34では一番安くても600万円前後します。32はアメリカ輸出規制緩和の対象に入ってから値上がりしてきて車体価格としては33と同じレベルですが、その年式ゆえにトラブル発生時の修理代を多めに考えておく必要があります。

そうすると頭金としては32、33でも100万円前後、どうしても34を買いたい人は400万円前後は用意しておいた方が良いでしょう。

 

買ってからが勝負

 

今回は購入までの頭金についてご紹介しました。しかしこれはGT-Rオーナーになる入口にしかすぎません。

オーナーの本当の大変さというか醍醐味は購入後から始まります。

次回は購入から購入した後の維持についてご紹介していきたいと思います。

 

ご報告

 

私ごとで大変恐縮ですがこの度2級ファイナンシャル技能士(FP)に合格しました。

今日まで実体験に基づくスカイラインGT-Rオーナーの日常を伝えてきましたが、今まで以上にお金の話も交えた、みなさんのためになる(GT-R関係ない人も参考になる)ような情報を発信していきたいと思います。